19 3月 / 2018

アメリカから帰国後の対人関係

格安プランでアメリカ留学に行った時、比較的皆さんフランクに接してくれたおかげで、私も本来の自分を出せたような気がしました。こういうと日本を卑下しているようにとらえられるかもしれませんが、帰国後は軽い逆カルチャーショックになりました。

他人との協調を大事にするあまり、遠慮がそこかしこにあり、私から行くとぐいぐい来られているように感じるのか引かれる空気を感じました。これで傷つくことを知り、また元の日本人気質に戻ってしまう人は私以外にも山のようにいるはずです。

できればアメリカのような雰囲気で暮らしたいと思うものの、それを周りに強制することはできない。この居心地の悪さが、やっぱり自分を隠して周りに合わせた方が傷つかないと思わせるのです。個性は一人の人間によって違うのだからと思っていても、やっぱり国民性というのはあるのですね。それをまざまざと感じられるのが、海外にいてから帰国した直後です。住む場所に合わせないと自分が苦労します。