目的を持ってアメリカに留学した際には多くの出会いがありました。アメリカには多くの国から、勉強や仕事をするために集まっているので、アメリカだけではなく色々な国の事を知ることが出来ました。中国や台湾から来た人とは、英語だけでなく、漢字でやり取りをしたことがありますが、中には同じ漢字でも別の意味で使われているものもあって驚きでした。

またアフリカから来たクラスメートと一緒に動物園に行った時に、そこにいた像を見て、自分の故郷ではいくらでも見れるし、ここにいる像は小さいな、と私とは全く違う感想を聞いた時にはびっくりしました。アラブ語を使う国(中東)から来たクラスメートは、アラブ語を書く時は右から左に向けて文字を書いていくので、英語を書く時は慣れなくて大変で、テストの時に時間がかかって不利だと嘆いているのを聞いて、そんなこともあるんだなーと思いました。タイから来たクラスメートは、実家にはお手伝いさんが何人も居るし、自家用ジェットもあると言っていて次元が違うなと実感しました。

その他にも色んな国から集まった人たちと交流するのは楽しくて、色んな事を知ることが出来て、すごく面白かったです。英語が話せると色んな国の人と交流が出来て便利だなと思います。